吉田和彦 無料資料

   事業を成功させるための 小さな会社の経営思考大全集 



こんにちは。吉田和彦です。


私は東京の板橋区で印刷会社を経営している二代目です。

私は大学を出てサラリーマンをしていましたが、
転職を考えていました。

その時、付き合っていた彼女の実家(印刷会社)が
跡継ぎがいないから廃業するかも。

という話を聞きました。

やめるのなら私が引き継ぎますということで、
結婚と同じ年にその彼女の実家に転職しました。

それが今、私が社長をしている印刷会社です。









この会社に入る前は画材の新製品開発をしていました。

研究員です。

この会社に入るまで、経営とは一切関係ないことをしていました。

大学も工業化学科です。

しかも、国語や社会が苦手教科でした。

二代目になると決心したものの、自分にできるのかな?

といつも思っていました。



しかし、後を継ぐということを決めてしまったのでもう後戻りできません。

やるしかない。



まずは自分の「社長はこうだ」というイメージに近づこうとしました。

イメージしても実際にはなかなかうまくいくものでもありません。



これは経営の勉強をしないといけない。

そう思い経営に関する本をたくさん読むことにしました。

年間で100冊以上はビジネス書を読みました。




本を読んでいるうちに、なんとなく経営というものがわかるようになってきました。

会社はどう運営していくべきか。社長の役割はなにか。
社長はどんな意識でなければいけないのか。

など、だんだんわかるようになりました。



そして社長になり6年。

小さい会社ながら業界でも有名になりテレビにも取材されるようになりました。

同業社の組合総会では、多くの大先輩社長の前で基調講演もやるまでになりました。



私は本を読むときにはポイントとなるところに線を引き、
後でその線を引いたところをノートに写しておきます。

1冊の本でもそのポイントとなるのはほんの一部分。

極端に言うとほんの1行という場合もあります。

しかし、その1行が大きく将来を変えることもある。

実際、私は1行の文章で考え方が大きく変わったことがあります。



この資料は、私が年間100冊以上読み、
ポイントとなる線を引いたところを集めたものです。

いわゆる経営思考の大全集。




この資料を読めば、経営に関する本を数百冊読んだのと同じことになります。

経営を全く知らなかった私が参考になったものなので、
是非参考にしてください。




また、経営者でなくても経営的な考え方ができるので、
細かい戦略を考えられるようになります。

全てのビジネスに関する方には参考になるでしょう。

ほんの1行で業績が大きく変わる可能性があります。


是非読んで今後のビジネスに生かしてください。



*PDF 90ページ
  
  


下のフォームよりメールアドレスとお名前を入れて「確定」ボタンを押してください。
いただいたアドレスのメールに資料のURLをお送りします。
↓↓↓

 吉田和彦
top@ko-sin.co.jp
ブログ http://ameblo.jp/no1marketing/